個人事業主の法人化メリットとは

独立して事業を始めようとする場合、事業形態には二つの選択肢があります。
一つが個人事業主で始める方法、もう一つが法人を設立する方法です。
起業する段階では、開業手続きが楽だというメリットがありますので、個人事業主として小さく始めるという方法を選択する人もいます。

しかし、事業が拡大し、人員も増加すると個人事業よりも法人の方が有利というケースが出てくるかもしれません。法人化メリットの代表的なものは3つあるでしょう。
一つは、事業の信用度がアップすることです。法人の方が事業の継続がより確実になりますので、商売の取引先や顧客からの信用度が上がることに繋がるはずです。
事業を拡大しようという状況であれば法人化は有力な手法になるでしょう。

もう一つは、採用が有利になるという点が挙げられます。
募集に応じる採用対象者にとっては、法人であれば確実に公的社会保険の被保険者になれることはわかりますし、会社形態の方が安心と感じることが多いはずです。
そのため、法人化することで優秀な人材が集めやすくなるかもしれません。事業は人が大事ですから、人材強化を図る必要がある状況の場合に法人化は有効でしょう。

さらに、金融機関からの融資が受けやすくなる点もメリットです。事業が拡大する状況になると運転資金も設備投資資金も必要になり、融資を受ける必要性が増すのが一般的です。
その時に法人になっておくことで融資が受けやすくなるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です