法人化についてのまとめ

個人事業主の法人化に際して、大きなメリットもあれば、すくなからずデメリットも存在します。
どういうメリットがあって、どういうデメリットがあるのかをしっかり把握して、法人化に踏み切るのか、個人事業主のままで居るのかをこのまとめを見てしっかりと見極めていただきたいと思います。

法人税のほうが安い
個人事業主の場合は、稼いだ全てに対して所得税がかかってきます。その税率は、累進課税の法則に則り、稼げば稼ぐだけかかってきます。
であるならば、資産を守るためには、会社として起業してしまい、法人税にしておくほうが、いくらか安く済んでしまいます。
個人所得の場合、695万円以上稼いで23%の所得税がかかるのに対し、法人税は800万円以下であるならば15%と言う税率ですので、資産の運用次第では、かなり節税することが出来ます。

信用が得やすい
これが法人化に際しての一番のメリットといえるかと思います。
法人かそうであるかないかで、他社や銀行からの信用というのは大きく変わってきます。
その分、仕事の量にも影響してきますし、融資をどれだけ受けられるかというのにも大きな意味を持ってきます。
大きなプロジェクトを推進していきたいのであれば、法人化して信用を高めるというのは、必須事項といえるでしょう。

デメリットも存在する
もちろん、メリットだけではなくデメリットも存在します。
デメリットの大半は、お金に関する事項です。もちろん法的な処置などにも、細やかな違いは存在してきますが、それ以上にどういうふうに資産運用していくのかというのが、大きな問題になってくるのではないでしょうか。
しかしながら、資産があるのであれば、法人化したほうがメリットが得られるので、どの段階で法人化に踏み切るのかというタイミングも大きな意味を持ってくるでしょう。

以上が、法人化に際してのメリットとデメリットのまとめです。
この情報の他にも、さらに詳しく記載されているサイトをご紹介しましょう<<<個人事業主のための法人化サポート>>>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です